福岡県立大学 看護学部

Hiroyuki SUGINO  

HOME | 研究教育業績2
2019-07-03 

Previous Publications

Previous Research and publications

過去の研究業績一覧(2005年以前)

 

出版物(1990年〜2005年)

 

国際誌・原著論文

A sulfur- and tyramine-regulated Klebsiella aerogenes operon containing the arylsulfatase (atsA) gene and the atsB gene. J. Bacteriol. 172:2131-2140.1990

Gene cloning of the maoA gene and overproduction of a soluble monoamine oxidase from Klebsiella aerogenes. Appl. Microbiol.1991 Biotechnol. 35:606-610.

Cloning and nucleotide sequence of a negative regulator gene for Klebsiella aerogenes arylsulfatase synthesis and identification of the gene as folA. J. Bacteriol. 174:2344-21351.1992

A monoamine-regulated Klebsiella aerogenes operon containing the monoamine oxidase structural gene (maoA) and the maoC gene. J. Bacteriol. 174:2485-2492.1992

moaR, a gene that encodes a positive regulator of the monoamine regulon in Klebsiella aerogenes. J. Bacteriol. 175:6287-6292.1993

Purification and characterization of monoamine oxidase from Klebsiella aerogenes. J. Ferment. Bioeng. 76:289-295.1993

Gene targeting in Klebsiella sp. by fusaric acid selection and the use of temperature sensitive replicon. J. Ferment. Bioeng. 77:712-715.1994
A Klebsiella aerogenes moaEF operon is controlled by the positive MoaR regulator of the monoamine regulon. Gene. 164:89-94.1995

Chromosomal deletion in Streptomyces griseus that remove the afsA locus. Mol. Gen. Genet. 253:478-483.1997

Molecular characterization of a novel nucleolar protein in starfish oocytes which is phosphorylated before and during oocyte maturation. Eur. J. Biochem. 267:295-304.2000

M. Suwa, H. Sugino, A. Sasaoka, E. Mori, S. Fujii, H. Shinkawa, O. Niimi and H. Kinashi. 2000. Identification of two polyketide synthase gene clusters on the linear plasmid pSLA2-L in Streptomyces rochei. Gene. 246:123-131

Chemical structure of nuclear proteins which are phosphorylated during meiotic maturation of starfish oocytes. Biochemistry. 39:6390-6400.2000
Detection of anammox activity from activated sludges. ASIAN WATERQUAL 2001, Asia-Pasific Regional Conference. 887-892.2001

Establishment of anaerobic ammonium-oxidizing culture in continuous flow treatment with non-woven biomass carrier. Water Environmental Federation, 74th Annual Conference and Exposition.2001

Suppression of the growth of the basidiomycete yeast, Rhodotorula minuta, by cinnamic acid. Biotech. Lett. 24:151-154.2001

H. Sugino, Y. Terakawa, A. Yamasaki, K. Nakamura, Y. Higuchi, J. Matsubara, H. Kuniyoshi, and S. Ikegami. 2002. Molecular characterization of a novel nuclear transglutaminase that is expressed during starfish embryogenesis. Eur. J. Biochem. 269: 1957-1967

Characterization of the microbial community in an aerobic ammonium-oxidizing biofilm cultured on a nonwoven biomass carrier. J. Biosci. Bioeng. 94:414-418.2002

Diversity of anammox cultures from different seed source. ASIAN WATERQUAL 2003, Asia-Pasific Regional Conference.2003
Characterization of a Rhodotorula-lytic enzyme from Paecilomyces lilacinus having beta-1,3-mannanase activity. Biosci. Biotechnol. Biochem. 68:757-760.2004

Detection of Enrichment of ANAMMOX microorganisms from activated sludge. J. J. Soc. Water Environ. 27:413-418.2004
 

著書・報告

Deletion and circularization of the linear chromosome of Streptomyces griseus. Japan-UK Joint Study on Molecular Genetics of Streptomyces. (1997年10月、共著)

Analysis of the eryAI and actI homologs located on the linear plasmid pSLA2-L. Japan-UK Joint Study on Molecular Genetics of Streptomyces. (1997年10月、共著)

嫌気的アンモニア酸化活性を有する、不織布担体に付着増殖するバイオフィルムの菌相の特徴 生物工学会誌、Vol.82, No.3, pp104、2004、3月

PVA-gel beads as a biomass carrier for anaerobic oxidation of ammonium in a packed-bed reactor. Proceeding of HELECO'05 Conference, Session 16; Athens, Greece, February 3-6, 2005.

Paecilomycesの生産する新規β-1,3-マンナナーゼ大量発現系の構築、平成16年度助成研究成果報告書、バイオテクノロジー推進会、pp13-55、2005、10月(単著)

ウェブログを活用したe-Learningの展開と今後の展望、富山福祉短期大学紀要、第5号、2006年3月、pp19-25(単著)
 

 学会発表(1988年〜2005年)

 

1988年

日本農芸化学会大会 4月 名古屋

1) サルフェ-トレギュロンの遺伝子応答機構:アリ-ルスルファタ-ゼ遺伝子領域の構造解析
2) サルフェ-トレギュロンの遺伝子応答機構:atsAの脱抑制に関与するチラミン酸化酵素の遺伝子領域
 

日本分子生物学会年会 11月 東京

1) サルフェ-トレギュロン:Arylsulfatase遺伝子領域の構造解析
 

1989年

日本農芸化学会大会 4月 新潟

1) 腸内細菌のサルフェ-トレギュロン:atsA および atsB の転写制御
2) 腸内細菌のサルフェ-トレギュロン:チラミン酸化酵素遺伝子領域の構造解析
 

日本分子生物学会年会 11月 仙台

1) 腸内細菌のサルフェ-トレギュロン:ats-tyn 遺伝子領域の発現機構
2) 腸内細菌のサルフェ-トレギュロン:アリ-ルスルファタ-ゼ合成系のレプレッサ-遺伝子のクロ-ニング
 

1990年

日本農芸化学会大会 4月 福岡

1) 腸内細菌のサルフェ-トレギュロン:atsT、tynC遺伝子の構造と機能
2) 腸内細菌のサルフェ-トレギュロン:atsRレプレッサ-の分離と遺伝子構造
 

日本生化学会中国・四国支部例会 4月 岡山

1) 腸内細菌におけるサルフェ-トレギュロンの遺伝生化学
 

日本醗酵工学会大会 11月 大阪

1) Klebsiella aerogenesのモノアミン酸化酵素のクロ-ン化による純化と酵素特性
 

日本分子生物学会年会 11月 京都

1) 腸内細菌のサルフェ-トレギュロン:tyn 遺伝子領域の構造および転写  
2) 腸内細菌のサルフェ-トレギュロン:atsRレプレッサ-の分離と遺伝子構造
 

1991年

日本農芸化学会大会 4月 京都

1) 腸内細菌のサルフェ-トレギュロン:アリ-ルスルファタ-ゼのリプレッサ-はジヒドロ葉酸還元酵素らしい
 

日本分子生物学会年会 11月 福岡

1) 腸内細菌のサルフェ-トレギュロン:高濃度チラミンにより誘導されるタンパク質の遺伝子解析
 

1992年

日本農芸化学会大会 4月 東京

1) 腸内細菌のサルフェ-トレギュロン:高濃度チラミンにより誘導されるタンパク質
 

日本分子生物学会年会 12月 京都

1) 腸内細菌のモノアミンレギュロン:高濃度チラミンにより誘導される遺伝子の解析
 

1993年

日本農芸化学会大会 4月 仙台

1) 腸内細菌のモノアミンレギュロン:atsT遺伝子による正の遺伝子発現制御
日本分子生物学会年会 12月 千葉
1) 腸内細菌のモノアミンレギュロン:moaR遺伝子による正の発現制御
 

1994年

日本細菌学会総会 3月 東京

1) 腸内細菌のモノアミンレギュロン:正の調節遺伝子moaRによるレギュロンの制御
 

1995年

日本細菌学会総会 3月 京都

1) Klebsiella 菌のジ-ンタ-ゲティング  
日本農芸化学会大会 (シンポジウム) 8月 札幌 
1) 細菌のモノアミンレギュロンの発見と発現調節機構
 

1996年

日本放線菌学会大会 6月、富山

1) Streptomycesの遺伝的不安定性-afsA及びssi遺伝子を例として
 

1997年

日本農芸化学会大会 4月、東京

1) Streptomyces rochei の線状プラスミド上に存在する抗生物質生合成遺伝子クラスターの解析
 

10th Internationl Symposium on Biology of Actinomycetes May, Beijing

1) Deletion and circularization of the linear chromosome of STREPTOMYCE GRICEUS A. Lezhava, D. Kameoka, H. Sugino, K. Goshi, N. Sanada, H. Shinkawa, O. Nimi, S. Horinouchi, T. Beppu, H. Kinashi
 

Japan-UK Joint Study on Molecular Genetics of Streptomyces Oct, Norwich

1) Deletion and circularization of the linear chromosome of Streptomyces griseus A. Lezhava, D. Kameoka, H. Sugino, K. Goshi, H. Zenitani, H. Shinkawa, O. Nimi, S. Horinouchi, T. Beppu, H. Kinashi
2) Analysis of the eryAI and actI homologs located on the linear plasmid pSLA2-L H. Sugino, M. Suwa, E. Mori, A. Sasaoka, S. Fujii, H. Shinkawa, O. Niimi, and H. Kinashi
 

1998年

日本農芸化学会大会 4月、名古屋

1) 線状プラスミドpSLA2-L上にある抗生物質生合成遺伝子の破壊
2) ヒトデ卵母細胞に含まれる核酸結合性リン酸化タンパク質の核小体移行 
 

日本発生生物学会 5月、熊本

1) イトマキヒトデ精子形成過程で生ずるヒストン2量体の運命
 

日本動物学会 9月、広島

1) イトマキヒトデ由来トランスグルタミナーゼcDNAのクローニングと初期発生に伴う細胞内局在の変化 杉野浩幸、寺川雄大、中村和博、樋口芳明、山崎明子、池上晋
2) イトマキヒトデ卵母細胞に存在する核酸結合性リン酸化タンパク質の核小体移行 
3) イトマキヒトデ胚発生過程におけるトランスグルタミナーゼの局在性変化
 

1999年

日本農芸化学会大会 4月、福岡

1) 発生時期特異的に出現する細胞核型トランスグルタミナーゼcDNAのクローニング
2) ヒトデ卵核小体タンパク質の核小体移行に必要な配列要素の決定 樋口芳明、桐高恵子、本郷有克、杉野浩幸、的場宏治、永松康徳、浜口幸久、岡野桂樹、池上 晋
 

日本発生生物学会 5月、神戸

1) ヒストン修飾酵素・トランスグルタミナーゼの胚発生特異的生成に関する研究
 

日本動物学会 9月、山形

1) ヒトデ初期胚における細胞核型トランスグルタミナーゼの分子遺伝学的解析 
 

日本生化学大会 シンポジウム 10月、横浜

1) 胚発生における核型トランスグルタミナーゼの生成とヒストン二量体化反応 

日本分子生物学会大会 12月、博多

1) ヒトデの胚発生過程で生成するトランスグルタミナーゼの核移行解析
 

Japan-Korea Joint Conference on Transglutaminase(日韓合同トランスグルタミナーゼカンファレンス) 2月、博多

Nuclear Transglutaminase Involved in Dimerization of Histones during starfish Embryogenesis.  Sugino、Y. Terakawa, A. Yamasaki, K. Nunomura, K. Nakamura, and S. Ikegami
 

2000年

日本農芸化学会大会 4月、東京

1) イトマキヒトデ胚細胞核トランスグルタミナーゼの精製と酵素化学的特性
 

18th International Congress of Biochemistry and Molecular Biology, July UK

A nuclear trasnglutaminase that modifies histones during starfish embryogenesis.
 

日本発生生物学会 5月、高知

1) ヒトデの精子形成と胚発生中においてクロマチン凝縮をもたらすヒストン修飾の分子基盤
 

日本動物学会大会 9月、東京

1) イトマキヒトデ卵母細胞に存在する核小体移行部位の決定
2) イトマキヒトデ胚におけるヒストンH2Bの二量化 
3) ほ乳類細胞に遺伝子導入したヒトデ胚細胞核トランスグルタミナーゼの細胞内局在
 

日本生物工学会九州支部大会 12月、福岡

1) 担子菌酵母RhodotorulaのP450 reductase遺伝子のクローニング
2) フタル酸エステル分解菌の同定とその性質
 

2001年

農芸化学会大会 3月、京都

1) Anammox反応を触媒するバイオフィルムの菌相解析
2) 新規なフタル酸エステル分解菌の同定とその性質
 

日本動物学会大会 10月、福岡

1)イトマキヒトデ卵母細胞に存在する核小体タンパク質の核小体移行に関する研究 
2) イトマキヒトデ胚に存在する核型トランスグルタミナーゼの精製と性質  
 

Water Environmental Federation, 74th Annual Conference and Exposoition, Oct. U.S.A

Eshtablishment of anaerobic ammonium-oxidizing culture in continuous flow treatment with non-woven biomass carrier.
 

日本生物工学会九州支部大会 12月、福岡

1) 嫌気的アンモニア酸化反応を触媒するバイオフィルムの菌相解析
2) ケイ皮酸によるRhodotorulaの増殖抑制
 

2002年

農芸化学会大会 3月、仙台

1) 熊本地下水由来Anammoxバイオフィルムの菌相解析
 

農芸化学会大会西日本支部大会 9月、熊本

1) 新規なフタル酸エステル(DEHP)分解菌の比較
2) Rhodotorula由来P450rmとP450 reductase cDNAの大腸菌での共発現
 

生物工学会大会 10月、大阪

1) 新規フタル酸エステル(DEHP)分解菌の増殖特性とDEHP分解酵素の性質 
 

2003年

環境バイオワーキングセッション 2月、熊本

フタル酸エステル分解菌の性質
 

農芸化学会大会 4月、横浜

1) Rhodotorula細胞壁を溶解するPenicillium lilacinumの産生する新奇β-1,3マンノシダーゼの一次構造とその性質
2) 嫌気的アンモニア酸化細菌のhaoの精製と性質 
 

生物工学会大会 9月、熊本

1) Paecilomyces lilacinumの新規β-1,3マンナナーゼに隣接する多糖分解酵素遺伝子
2) 嫌気的アンモニア酸化細菌のヒドラジン酸化還元酵素の精製と性質
 

水処理学会大会 11月、熊本

1) 日本国内におけるAnammox菌の存在
2) PVAゲルビーズに付着したAnammox菌の解析
3) 新規フタル酸エステル分解菌の性質
 

2004年

Symposium Book of EU 5th framework IconN Symposium: 1月、Ghent Belgium

Anammox: new sustainable N-removal from waste water, O-5
 

農芸化学会大会 4月、広島

1) 地下水からの嫌気性アンモニア酸化(Anammox)細菌の検出
2) 嫌気性アンモニア酸化細菌の産出する2つのヘムタンパク質の性質
 

日本生物工学会大会 9月、名古屋

1) Paecilomycesの生産する新規beta-1,3-マンナナーゼ大量発現系の構築
2) フタル酸ジエステル分解菌の産生するフタル酸モノエステル分解酵素の性質 
 

日本農芸化学会西日本・北海道支部合同大会 10月、福岡

1) 嫌気性アンモニア酸化菌由来ヒドラジン酸化酵素の限定分解ペプチドのアミノ酸配列 
2) 嫌気性アンモニア酸化と部分亜硝酸化を用いる一槽型窒素除去(SNAP)リアクタ中の菌相解析
 

2005年

HELECO '05 5th International exibition and conference on enviromental tecchnology 2月、Athens Greece,

PVA gel beads as a carrier for anaerobic oxidation of ammonium in a packed-bed reactor.
 

農芸化学会大会 3月、札幌

1) 嫌気性アンモニア酸化と部分亜硝酸化を利用した一槽型チッ素除去リアクタ中の菌相解析 
2)亜硝酸還元酵素遺伝子を指標とした、Anammoxリアクタ中の脱窒に関わる細菌群の同定
 

全国水道研究発表会 5月、島根

嫌気生物処理による臭素酸の除去に関する検討